CSS3とは

カスケーディング・スタイル・シートのバージョンであり、現行の最新の規格です。特徴としては既存のCSSのバージョンを同時に記述することが可能です。

書式・記述方法について変更がされている部分もありますが、現在インストール出来るブラウザほぼ全てが対応しています。

書式・記述方法の代表的なものとしてはブラウザごとにスタイルの設定が可能となったこと、今まではスクリプトなどに任せるしかなかった機能についても補完することが出来るようになった点です。

HTML5と組み合わせることで、見た目上はアプリのように、そしてWebアプリケーションのようなページを作成出来ます。本来のCSSの見栄えや装飾のためだけではないという点を保持しつつも、マルチメディアに対応できる要素が盛り込まれていることが最大のバージョアップと言えるでしょう。

ホームページを作成する上で、HTMLやCSSのバージョンを最新の規格にしておくことはとても重要です。なぜなら、作成した時点よりも後に、どれだけ長い間ブラウザやOS・端末などに対応するかの目安となるからです。

もちろん、古いバージョンのHTMLやCSSで作成されたページがいきなり見られなくなることはありません。

しかし、HTML5もCSS3もそれぞれバージョンアップされることで機能や表現出来るものが増えていることは確実であり、わざわざ古いバージョンで作成し、結局物足りなくなり、後からそれらを新しくする手間というのは不要であるのではと考えます。

過去のバージョンについてもしっかりと学び、その差だけでなく、どのページを見てもソースを見る。そしてどんな工夫がなされているのかを取り込むことはWebページを作る際に大事なことです。

そもそも、閲覧するだけであればHTML5もCSS3もユーザーには意識されるようなことではないからです。

逆に、マルチメディア要素を取り込まずに、機能なども盛り込まないのであれば過去のバージョンを利用するというのも考え方の一つにあります。既に安定版と言っても過言ではありませんが、それは最新のものを取り入れるユーザーに対してです。

過去のバージョンのブラウザなどを未だに使っている方はたくさんいらっしゃいます。現在ご利用のブラウザにこのページは対応しておりません、というような表示が出ると内容に関わらず閲覧しに来たユーザーが見てくれない可能性もあるからです。

慣れている人にとって、ブラウザやOSなどのアップデートはワンクリック・ワンタップかもしれませんが、わからない人はそのままになっています。

全部を取り込むということは難しいにしても、そういったことも意識してページ作りをすることは大切です。